コミュニケーションの量は、情報の非対称度で変わる

コミュニケーションをうまく取るには、
情報の非対称度を下げる必要がある

 

お互いのことを良く知っておれば、
相手に合わせて話すことが出来るし、
お互いが持っている情報を
出し合ってからの方が議論もしやすい。

 

非対称度を下げ情報の共有度が上がると、
そのあとは一々説明しなくても
話が伝わりやすくなるのだ。

 

学問や科学などで最初に、
用語の定義をハッキリさせるのも、
そのあとの議論を円滑にするためだろう。

 

もちろん、非対称度が低いとコミュニケーションの量が増えるのは、
我々の日常生活でも良く体験することだ。

 

たとえば一緒に暮らしている家族や仲間で
「醤油買ってきて」と言われれば、
今使っている醤油のブランドとサイズと
同じモノをいつものスーパーで買ってくればよいだろうし、
「今日、遅くなる」と言えば、だいたい何時頃か推測もつく。

 

これは充分長い時間、
一緒に生活することによって情報の共有が行われ、
相手の消費や行動パターンが分かっているからだ。

 

しかし生活を共にしていない人に
突然「醤油買ってきて」と言われても、
メーカー名や商品名、容量や本数などは分からないし、
どれくらいの値段で買えばよいかもわからない。

 

近くのスーパーで安売りしているから
それを買ってきてくれと言う意味なのか、
高級醤油をデパートで買ってきてくれと言うのかもわからない。

 

また「今日、遅くなる」という連絡の場合も、
あまり親しくない間柄では足りない情報になる。

 

「どのくらい遅くなるのか」「なぜ遅くなるのか」
「食事は必要なのか」…などなど、
いろんな情報を足さないと連絡を受けた方も困る。

 

このように、情報の非対称度が大きいと、
それを埋めるためのコミュニケーションの量が増えて、
何度も聞き返したり確かめたりする作業が必要になるわけだ。

 

つまり一般的には

  • 情報の非対称度が大きい→コミュニケーションの量が増える
  • 情報の非対称度が小さい→少ない量のコミュニケーションで足りる

ということになる。



★口臭の悩みはこれで解決!歯医者さんで続々採用!
IKIREI
★2018年秋・リニューアル!女性から一目置かれるファッションはこれ!
成功を引き寄せるファッションプログラム

ペリーはなぜ軍艦を率いてやってきたのか

情報の非対称度が大きいと、
コミュニケーションが難しくなる。

 

相手と共有している情報でしか、
スムーズに話すことが出来ないから、
自由に話せる範囲が狭まるのだ

 

たとえば家族内で通じる話であっても、
隣近所では通じないことは多い。

 

隣近所で通じる話でも、
隣町に行くと通じないということもある。

 

市内や県内では常識のような事でも、
隣の市や隣の都道府県では、
全く知られていない事も多い。

 

そして国や言葉や宗教が違えば、
もう通じない方が当たり前で、
そうなるともうコミュニケーションを取るのは至難の業だ。

 

なぜなら共有していない情報は一々説明しないといけないし、
概念のような抽象的なモノはすぐには理解できず、
コミュニケーションには時間も量も必要になるからだ。

 

ここまで来るともう実物をとにかく見せないと、話が進まない

 

似たものを使って例えるという方法もあるが、
似たものがないとどうしようもない。

 

だからアメリカのマシュー・ペリー大佐は、
日本に開国を迫るために、
わざわざ蒸気軍艦4隻を率いて来たわけだ。

 

これは日本人が見たことがない蒸気軍艦を見せることによって、
進んだ欧米の技術を直感的に理解させる目的だったらしい。

 

ペリーは翌年、今度は7隻の軍艦を率いて再来日するが、
その後も蒸気機関車の模型を持ってきたり、
電信のデモンストレーションを行ったりして、
欧米の科学技術を目に見える形で示して
日本人に「進んだ西欧」のイメージを植え付けた。

 

そうして軍艦や科学技術を見せることによって、
アメリカや西欧という概念をドーンと伝えて、
そのあとのコミュニケーションをスムーズにしたわけである。


広告

このエントリーをはてなブックマークに追加