世界は言葉で出来ている

言葉や文字は、意味や概念を伝える
「意味のパッケージ(小包)」だ

 

この言葉という意味のパッケージを、
声や手紙やメールでやりとりするのが、
言語的コミュニケーションである。

 

言語的コミュニケーションは、
時間などといった抽象的な概念を、
言葉というパッケージに込めてやりとりするので、
抽象的で複雑な会話もできるという利点がある。

 

また言葉を文字として表せば、
新聞や書物というメディアを通して
多くの人ともコミュニケーションが出来るし、
違う世界や違う時代の人間とのコミュニケーションも可能になる。

 

人類は、様々な抽象的な概念を言葉として蓄積し、
それを文書化して発展してきたわけだから、
言葉と文字はまさに「文明の利器」であり、
世界は言葉で出来ている」と言えよう。

 

しかしこの便利な文明の利器を使うには難点が一つある。

 

というのも高度なコミュニケーションをするには、
たくさんの言葉を覚え、様々な抽象的な概念も理解する必要があり、
かなり長い教育期間と勉強時間が必要になるのだ。

 

対照的に、学習期間が比較的短くても出来るコミュニケーションが
言葉を使わない非言語コミュニケーション
(nonverbal communication)である。



コミュニケーションの3要素

非言語コミュニケーションとは、
自分の伝えたいことや気持ちなどの情報を、
身振りや手振り、姿勢や表情、声のトーンや声質、
視線の方向などといった手段で伝える方法だ。

 

楽しそうな身振り、緊張している姿勢や表情、
寂しそうな声のトーン、何かを気にしている目線など、
他人を見ていても何か伝わってくるモノがあるが、
こういうのが非言語コミュニケーションというものだ。

 

そして非言語コミュニケーションが、
大きな影響力を持っていることを示したのが、
アメリカUCLAの心理学者アルバート・メラビアンである。

 

メラビアンは人間のコミュニケーションが、

  • 言葉(Words)
  • 声色・口調(Tone of voice)
  • 顔の表情などの様子 Nonverbal behaviour (e.g. facial expression)

の三つの要素から成り立っていると主張して、
この三つの要素がコミュニケーションで、
どれくらいの比率になっているのか、簡単な実験で調べてみたのだ。

 

その実験とは、三つの要素が食い違うような会話で、
受け手側がどう判断するかという実験だった。


広告

このエントリーをはてなブックマークに追加