コミュニケーション術は、なぜこんなに色々あるのか

コミュニケーションにも様々な目的があり、
様々なタイプのコミュニケーションがある。

 

たとえば大きな書店の本棚には、
山ほどコミュニケーションの本がある。

 

たとえばセールストーク、プレゼン術、
上司・部下とのつきあい方、
結婚式でのスピーチや子供とのつきあい方、
恋愛に関するトーク術やナンパ術などなど。

 

これだけ様々なタイプの本があるということは、
コミュニケーションがいかに多様であるかという事だろう。

 

そしてコミュニケーションがなぜ多様なのかと言えば、
相手との関係によって変わってくるものだからだろう。

 

たとえばコミュニケーションの参加人数で見れば、
1対1や1対多、多対多といったコミュニケーションもある。

 

相手との関係で見れば
友人や級友・同僚と言った対等関係のコミュニケーションもあれば、
上司と部下、親と子供、教師と生徒といった
上下関係があるコミュニケーションもある。

 

コミュニケーションが行われる空間でみれば、

  • 家庭でのコミュニケーション、
  • 職場でのコミュニケーション、
  • 学校でのコミュニケーション、
  • 街中や駅、公園などと言った公共スペースでの見知らぬ他人とのコミュニケーション

などといったように様々なシチュエーション(状況)がある。

 

つまり会話をする相手や会話する場所や状況によって
様々なタイプのコミュニケーションが存在するわけで、
細かく分ければ数十種類にも分類できるだろう。

 

これらに対応する会話術・コミュニケーション法を考えれば、
会話やコミュニケーションに関する本やセミナーが
山ほどあるのも頷けるね。



★口臭の悩みはこれで解決!歯医者さんで続々採用!
IKIREI
★2018年秋・リニューアル!女性から一目置かれるファッションはこれ!
成功を引き寄せるファッションプログラム

ビジネス・コミュニケーションが一番シンプル

コミュニケーションと一口に言っても
世の中には様々なシチュエーションがあり、
様々なコミュニケーション術がある。

 

家庭での会話、学校での会話、
職場での会話、商談での会話、
デートでの会話、親や子供との会話、
話す内容も考えれば、相当の種類がある。

 

だから、これらの様々なシチュエーションごとに、
様々な会話本やコミュニケーション・セミナーがあるわけだ。

 

しかしこんなにたくさんあるコミュニケーション術を、
全部身につけるとなると大変だし、まず無理だろう。

 

となるとコミュニケーションの核となる部分をまず探し、
それを学んで会得することから始め、
それを相手や状況に合わせて使えるように学ぶべきだろう。

 

コミュニケーション全般に共通する部分もあるはずだから、
まずそこから身につけるのが近道なはず。

 

そうしていろいろ考えてみると、
一番シンプルなコミュニケーション術は、
ビジネス・コミュニケーションだと言うことになる。

 

というのもビジネスでは、用件を正確に伝えることが重要で、
常に目的がハッキリした会話が求められるからである。

 

つまりビジネス・コミュニケーションは、
目的と会話にしっかりした関連があるから、
「なぜそう言う会話をするのか」という点が分かりやすい

 

なので最初はビジネス・コミュニケーションから、
学んだり研究したりすると良いだろう。


広告

このエントリーをはてなブックマークに追加