チェストボイス ミドルボイス ヘッドボイス

チェストボイス ミドルボイス ヘッドボイス

ため息、あくびの形が、理想型。

対面会話型のF2Fコミュニケーションでは、
顔の表情や声の調子が重要な要素だ。

 

というのもアメリカの心理学者、
アルバート・メラビアンによると
言葉、声の調子、顔の表情が不一致だと、
多くの人が声の調子や顔の表情で、
話し手の真意を判断してしまう。

 

なので、いくらちゃんとしたことを言っていても、
何を言ったか、相手にハッキリ聞こえないような話し方では、
誤解も招くし、聞き手を混乱させてしまう。

 

というわけで「何を話すか」については別に考えるとして、
ハッキリと相手に声を届けるためのトレーニングを積もう。

 

そのためにまず紹介したのが、
腹式発声トレーニング 『うおあえいん』だった。

 

これは「うー おー あー えー いー んーーー」という母音を、
腹式呼吸で、8秒ずつ発声する練習法で、マントラの一種である。

 

各音1秒ずつ合計8秒でも良いし、
「うおあえいん」を「ドレミファソラシド」に変えても良い。

 

意識は股間の間から頭のテッペンまで、順番に上げていく。

 

意識しにくい場合は、両手をまず股間の高さに持ってきて、
一つずつ上に上げていくというやり方もある。

 

最初は下から上に声を上げていき、
慣れてきたら上から下へ降ろすという練習も良い。

 

8秒息を吐いたら、自然に任せて鼻から息を吸う。
声を出さずに息だけ吐く練習をしても良い。

 

そしてこの時の喉の形は、ため息アクビの時の形が良いらしい。

 

ため息をつくときや、アクビをするときというのは、
喉がキレイに開く形になるので、
まず、ため息かアクビをしてから、発声練習を始めても良い。



チェストボイス ミドルボイス ヘッドボイス

母音の発声練習を覚えたら、
次は身体のどこを響かせるかを意識する。

 

歌などでは身体の三つの部位を意識して、
そこを響かせるイメージで発声するという。

 

その三つとは、胸、喉、頭のテッペンだ。

 

それぞれ

  • チェストボイス
  • ミドルボイス(ミックスボイス)
  • ヘッドボイス

という名前が付いている。

 

チェストボイスとは、胸の真ん中から出す低い声、
ヘッドボイスとは、頭のテッペンから出す声で裏声に近い高い声、
そしてミドルボイスは二つの中間で、ミックスボイスとも呼ぶ。

 

これは歌の発声法の分類だが、
しっかり声を出すという練習としても有効だという。

 

というのもこの三つは、相手との距離や、
話す内容によって使い分ける必要があるものだからだ。

 

相手との距離が近い場合はチェストボイス、
遠い場合は甲高いヘッドボイスが声を通しやすい。

 

練習法としては、頭の上と胸の上に手の平を置いて、
色んな音の高さで「ん〜〜〜〜」とハミングしてみると、
響く場所や響く大きさが音で違う事が確認できるが、
この三つの高さで「うおあえいん〜」を練習する。

 

音階で言うと、「ド、(ミ)、ソ、ド」という感じで3段階や4段階で、
「おはようございます」「こんにちわ」などと発声練習してみる。

 

チェストボイスは、とある本によると、
俳優の中尾彬(あきら)さんのような渋い声ということなので、
中尾さんの声色を真似てみるのも分かりやすいかも知れない。

 

この三つの声の高さを使い分けることができると、
声をキチンと相手に投げかける事が出来るようになる。


スポンサードリンク

恋愛 コミュニケーション教材 人気ランキング

★第1位★悪用厳禁の人間心理の秘密新しい人間関係を引き寄せる方法

★第2位★好きな女性に声をかけ誘い出しデートをし告白するまでの流れを再現TRANS CONTROL法

★第3位★女性の本音を引き出す方法自然と恋人になる11の手法

★第4位★彼女のココロを遠隔操作する技術恋愛メール大百科

★第5位★テンプレ会話術〜女性に好かれる会話のテンプレート

★第6位★会話力ゼロから駆け上がる!2万人の男性が絶賛モテ会話マスタープログラム

★第7位★奥手、コミュ障の男だからこそ出来る魔性の占いトークアビリティ

★第8位★【男女兼用】90日で達成!人に好かれる会話術

このエントリーをはてなブックマークに追加