ストレートネック対策 首枕の作り方

ストレート・ネック首猫背は、
頸椎(けいつい:首の7つの骨)が、
まっすぐに並んでしまう症状だ。

 

パソコン作業やスマホに没頭したり、
ボクシングやバレエなどで、
アゴを引いた状態を続けるとなりやすい。

 

ストレートネックになると、
首の後ろ側の筋肉や背中が硬くなり、
首の付け根にずっと痛みが続く。

 

また胸鎖乳突筋が縮んだままになり、
頭へ行く血流や、リンパの流れが滞る。

 

そのために頭痛やめまい、耳鳴りや吐き気など、
様々な自律神経失調症状が出る。

 

ストレートネックの対策としては、
首回りのストレッチと首枕がある

 

首回りのストレッチに関しては、すでに書いたので省略する。
首の呼吸筋と、胸鎖乳突筋のストレッチ

 

一方、首枕とは、首にする枕のことで、タオルと靴下があれば、簡単に作れる。

 

首枕の作り方

用意するもの(1個分)
  • タオルを2〜3枚、(バスタオルなら1枚)
  • チクチクしない素材の靴下
作り方
  1. タオルを重ねてロールケーキのように巻く。
  2. 直径は薬指の長さくらい(6〜8センチ)になるようにする。
  3. タオルを丸め終わったら、それを靴下に詰め込む。
  4. 仰向けになって首に当ててみて、楽に息が出来るように折り方を調整する。
  5. 完成。

 

その他の情報
  • 最初は、細い首枕から始める。
  • 布団の柔らかさや首の調子によって、ちょうど良い太さは変わってくるので、太さの違う首枕を3〜4個作っておいて、使い分けるとよい。
  • 仰向けで首枕をして寝る。5分くらいで良い
  • 首枕と同時に、腰にも首枕を当てても良い。

 

ただし、首枕は頸椎の並び方を一時的に正すだけで、
ストレートネックの根本的な解決にはならない

 

ストレートネックの原因は、普段のアゴを引いた姿勢であるから
これを解決しなければ、あまり意味がない。



★口臭の悩みはこれで解決!歯医者さんで続々採用!
IKIREI
★2018年秋・リニューアル!女性から一目置かれるファッションはこれ!
成功を引き寄せるファッションプログラム

猫背は骨盤の後傾が原因

アゴを引く悪い姿勢を続けると、
首をいくらストレッチして緩めても、
すぐにまた元に戻って固まってしまう

 

横に寝て首枕で治そうとしても、
一時的に首の負担を取り除くだけだから、
多少気分が楽になる程度である。

 

毎日、何時間も首や背中に負担をかけているのに、
それをホンの数分で治そうとしても無理なのだ。

 

日頃の悪い姿勢、猫背を正さないと治りようがない。

 

そして姿勢を正すのに重要なのが、
骨盤の傾きのコントロールだ。

 

というのも座っている最中などに、
背中が丸まったり、頭が前に出るのは、
骨盤が後ろに傾いて、腰が丸まっているからだ。

 

これは椅子に座った状態で、試してみるとよく分かる。

 

椅子に座った状態で、ヘソを後ろに引っ込めてみると、
骨盤が後ろに傾いて(骨盤の後傾)、
腰が丸まり、猫背になって頭も前に出る。

 

逆にヘソを前方に押し出してみると、
骨盤が前に倒れて(骨盤の前傾)、
腰が反り、胸が開いて頭も後ろに下がる。

 

つまり、猫背の悪い姿勢を治すには、
一にも二にも骨盤の前傾が必要で、
骨盤の傾きをコントロールできるようにならないといけないわけだ。

 

そのためにはまず「前屈」のコツを知って、股関節を畳めるようにしよう。


広告

このエントリーをはてなブックマークに追加