発声練習(6)ミックスボイスとブレイクポイント

発声練習(6)ミックスボイスとブレイクポイント

声がひっくり返るのは、裏声がうまく使えていないということ

裏声(ファルセット)とはヘッドボイスとも呼ぶが、
高い音程で出す声のことである。

 

犬の遠吠えの真似をしたり、
鬼太郎のオヤジのような声は
誰でも出せるだろうがアレが裏声だ。

 

裏声は「裏返った声」で
本当の声ではないと思ってる人も多い。

 

しかし高い音程の声と、低い音程の声は、
声を出すときに使う筋肉が違っているだけで、
実はどちらも本当の声である。

 

ただ裏声を使うには、それなりのトレーニングが必要だ。

 

なので裏声を練習していない人は、低い声から高い声に移るときに、
「声がひっくり返る」ように、とつぜん高い声になってしまうわけだ。

 

因みに、声を出す筋肉・歌うための筋肉は3つのタイプがあって
声美人・歌上手になる奇跡のボイストレーニングBOOKという本によると

  • 呼吸筋…呼吸する筋肉、母音
  • 口の中のいろんな筋肉…子音をつくる筋肉
  • 内喉頭筋(ないこうとうきん)…声帯を開いたり閉じたりする筋肉群

だという。

 

音の高さを決めるのは内喉頭筋だが、
内喉頭筋にも2つのタイプがあって、それが表声と裏声を作る。

 

表声の筋肉・裏声の筋肉
  • 閉鎖筋群…声門を閉じて低い声を出す(表声)
  • 輪状甲状筋(伸展筋)…緩んでいる声帯をピンと張って高い音を出す(裏声)

表声から裏声に突然変わる音程のことをブレイクポイントと呼ぶが、
この二つの筋肉のバランスがうまく取れるようになると、
表声が突然裏声になるようなブレイクポイントがわかりにくくなり、
「声がひっくり返る」ような話し方が回避できる。

 



ミックスボイスとは、表声と裏声が混ざった声のこと

ミドルボイスとは、普段出している声で、
少し高めの音程の声のことである。

 

ミドルボイスは別名ミックスボイスとも呼び、
表声に裏声が少し混じった声である。

 

低い声と高い声は、使う筋肉が異なっていて、
胸を響かせて出すチェストボイスでは、
低い声を出す筋肉だけを使って声を出している。

 

逆に高音域の高い声であるヘッドボイス(裏声)では、
高い声を出す筋肉だけを使って声を出している。

 

この二つの筋肉を同時に使っているのがミドルボイスで、
低い声から音程を上げていくと、表声を出す筋肉の働きが弱まり、
裏声を出す筋肉も働き始めて、表声と裏声が混ざっていく。

 

ところが裏声がうまく出せないと、突然表声が出なくなり、
裏声だけ出て「声がひっくり返ったように」なるわけだ。

 

この表声から裏声に突然変わる音がブレイクポイントで、
話し声や歌声では、このブレイクポイントをうまく消すことが重要になる。

 

イメージとしては、喉の開け閉めが重要で、

  • 低音から高音に音を上げていくときは、喉を開けていく
  • 高音から低音に下がってくるときは、喉を絞めていく

という感じになる。

 

しかし裏声を出す練習をしていないと、喉がうまく開かないので、
音階を上げていく途中で、突然声が切り替わって、
ブレイクポイントで声がひっくり返ったような状態になるわけだ。


スポンサードリンク

恋愛 コミュニケーション教材 人気ランキング

★第1位★悪用厳禁の人間心理の秘密新しい人間関係を引き寄せる方法

★第2位★好きな女性に声をかけ誘い出しデートをし告白するまでの流れを再現TRANS CONTROL法

★第3位★女性の本音を引き出す方法自然と恋人になる11の手法

★第4位★彼女のココロを遠隔操作する技術恋愛メール大百科

★第5位★テンプレ会話術〜女性に好かれる会話のテンプレート

★第6位★会話力ゼロから駆け上がる!2万人の男性が絶賛モテ会話マスタープログラム

★第7位★奥手、コミュ障の男だからこそ出来る魔性の占いトークアビリティ

★第8位★【男女兼用】90日で達成!人に好かれる会話術

このエントリーをはてなブックマークに追加