人生を変える話し方 コミュニケーション術

人生を変える話し方 コミュニケーション術

人生は、 言葉とコミュニケーションでできている

人生は、コミュニケーション力で決まる

 

というのも豊かな人生は、
コミュニケーション無しには
考えられないからだ。

 

人間という生き物は、
この世に生まれ落ちた瞬間から、
周囲の助け無しでは生きていけない。

 

たとえば赤ん坊や幼児の頃は、
自分で食べることも、着替えることも出来ない。

 

だから泣いて親や大人とコミュニケーションを取って、
食べ物をもらったり、おむつを替えてもらう。

 

物心がついて自由に走り回れるようになってからも、
他の動物のように餌を取る力は殆どないから、
大人とうまくコミュニケーションをとって、食べるモノや着るモノ、
さらには安全を手に入れなければならない。

 

成長して大人になったら、
さらに高度なコミュニケーション力が必要になっていく。

 

というのも人間社会には、
たくさんの抽象的な概念やルールがあり、
それらを体得しなければやっていけないからだ。

 

そのためには親や教師や様々な人との
膨大なコミュニケーションが必要になる。

 

そしてまた、コミュニケーションが出来ないと、
欲しいモノがだんだん手に入らなくなる。

 

赤ん坊の頃は、おなかが空いた、抱っこして欲しい、
おむつを替えて欲しいなど、単純な欲求しか持たない。

 

だから、ただ泣いたり、ぐずったりという、
非常に簡単なコミュニケーションだけで良かった。

 

しかし成長するに連れて、欲しいモノややりたいことも
どんどん増えて行くし、抽象的になっていく。

 

お金が欲しい、美貌が欲しい、家族が欲しい、愛が欲しい。
こういうモノを手に入れるには、コミュニケーション無しではダメだ。

 

そこで、ここから人生は、大きく二つに分かれていくことになる。

 

すなわち、「人と対等に話すことが出来る人間」は、
どんどん自分の欲しいモノを手に入れて、
自分が望む、ストレスが少ない人生を送ることになる。

 

逆に「人に自分の意志を伝えられない人間」は、
周囲にうまく自分のやりたいことが伝えられず、
仲間や理解者なしに欲しいモノを手に入れなければならない。

 

仲間や理解者がいなければ、
自分の望みを叶えるのは独力でやらざるをえないから、
作業も膨大になるし、疲れ果ててしまう。

 

つまりコミュニケーション力があるかどうかで、
自分の望む人生が送れるかどうかが決まるのである。


コミュニケーションとは

人生を左右する話し方、コミュニケーション術。

 

まずコミュニケーションという言葉の定義から、
ハッキリさせておくことにしよう。

 

コミュニケーション(会話)とは、
生物が互いの意志や感情、
思考などを伝え合うことである。

 

「私は今からこうする」
「私は今、こんな気分だ」
「AはBだ」「CはDの方がよい」

 

こういう内容のことを、伝え合うのがコミュニケーションである。

 

だから誰もいない場所で、何かをつぶやいたり怒鳴ってみても、
それはコミュニケーションとは言わない。

 

何かを表現し、それに対して別の者が反応して、
そこでようやくコミュニケーションというものが成立する。

 

犬が吠えたり、ネコが毛を逆立てて威嚇したりするのも、
目の前の相手に対して何か行動させようとしているわけだが、
相手がそれに対して何か反応すれば、コミュニケーションと言える。

 

しかし目の前の相手が気にも留めずに反応しなければ、
相手にとってはただの雑音であり、
コミュニケーションだとは言えないと言うことになる。

 

つまりコミュニケーションというのは、
相手が反応してくれて初めて成立するもので、
一方通行ではダメだと言うことだ。

 

ということでまず、相手に伝わる話し方について、
考えていくことにしよう。

 

NEXT:言葉や文字は、意味や概念のパッケージ

 


このエントリーをはてなブックマークに追加