メラビアンの実験とは

アメリカの心理学者アルバート・メラビアン
対面で行われるF2Fコミュニケーション
(話し手の顔が見える環境での会話)には、
3つの要素があると主張した。

 

その3つの要素とは、

  • 言葉(Words)
  • 声色・口調(Tone of voice)
  • 顔の表情などの非言語的振る舞い
    Nonverbal behaviour (e.g. facial expression)

である。

 

そしてこの3つの要素がF2Fコミュニケーションにおいて、
それぞれどれくらいの比率になっているのか、
簡単な実験で調べてみた。

 

その実験とは、会話の3つの要素の内容が食い違っていたとき、
人間は何を根拠に判断するのだろうか?という実験だ。

 

つまり「話す言葉」と「声の質」と「顔の表情」の三つの要素で、
それぞれ異なった感情を表していた場合、
聞き手はどの要素を判断の材料にするのか調べてみたのだ。

 

ある実験ではまず、「ありがとう」「うれしい」「悲しい」など
感情を表すような単語をいくつか選んで、
様々な声色・口調でテープに録音したものを用意した。

 

そして様々な表情の男女の顔写真をいくつか用意して、
録音したテープと組み合わせて被験者に見せてみた。

 

例を挙げると、「悲しそうな表情」をした顔写真を見せて、
「怒ったような口調」で録音された
『ありがとう』という音声」を流してみたわけだ。

 

そしてそれを見た被験者に、どういう風に受け取ったかを聞き取り、
言葉と、声色と、表情のどれが判断材料になったのか調べてみたのだ。

 

その結果、多くの人が、話した内容ではなく、
顔色や口調の方が相手の感情だと考えたという

 

つまり話す内容と、表情や口調が異なっていた場合、
非言語コミュニケーションが優先されていたわけで、
これを「メラビアンの法則(ルール)」という。



★口臭の悩みはこれで解決!歯医者さんで続々採用!
IKIREI
★2018年秋・リニューアル!女性から一目置かれるファッションはこれ!
成功を引き寄せるファッションプログラム

7-38-55 ルール

顔が見えるF2F型コミュニケーションでは、
言葉、声色・口調、そして顔の表情が
それぞれ食い違う表現になっていたとき、
9割以上の人間が言葉ではなく、
表情や声の調子を信用する。

 

これを「メラビアンの法則(ルール)」と呼ぶ。

 

そしてメラビアンのルールの中でも有名なのが、
7-38-55 ルールと呼ばれるものだ。

 

これは「好意(liking)」をテーマにした食い違い実験で、
判断材料にされた要素の割合を示したものだ。

 

この実験では、相手が自分のことを
褒めたりけなしたりするような会話を取り上げて、
3つの要素を食い違わせてみた。

 

たとえば、相手のことを褒めつつ目線を反らせていたり、
相手を非難しつつ笑っていたり、という風に、
三つの要素の不一致を作って行ったのだ。

 

「お前のせいじゃないよ」という言葉を「怒った口調」で録音し、
「ガッカリした表情」の顔写真を見せて流すという具合である。

 

この実験の結果が実は、7-38-55だった。

 

つまり

  • 言葉で判断したのは、7%
  • 声色・口調で判断したのは、38%
  • 顔の表情で判断したのは、55%

だったのだ。

 

この実験では、好意や反感の表現で食い違いがあった場合、
半分(55%)の人は、顔の表情から相手の感情を読みとろうとしていた。

 

そして4割弱(38%)の人が話し声の調子で判断し、
言葉で判断しようとした人は、たった7%しかいなかった

 

この実験結果を引用し、
「人間は9割が見た目で判断する」なんて主張する人が現れ、
それがウケたために世界中にこの比率が知れ渡り、
7-38-55 ルールが浸透したということらしい。

 

ただこの7-38-55ルールについて、当のメラビアンは、
単なるシンプルな実験の結果に過ぎないと言っており、
言葉の力はこんなに小さくないとも言っているようだ。


広告

このエントリーをはてなブックマークに追加