腹式呼吸を練習しよう

対面型のコミュニケーション(F2F)では、
伝えたいことを声でしっかり伝える必要がある。

 

手紙やメールであれば、
文章だけで用件を伝えるので、
顔の表情や声の調子などは考えなくても良い。

 

しかし対面型のコミュニケーションでは、
顔の表情や声の調子が重要になる。

 

メラビアンの法則によると、
言葉と表情や声の調子が食い違っていると、
多くの人が顔の表情や声の調子で判断するということだから、
顔の表情や声の調子が、話す言葉と合わないと
話している内容に説得力が生まれないのだ。

 

ということでコミュニケーション力を磨く第一歩としては、
声を磨く方法を覚えて実践すべきだろう。

 

と言っても、別に俳優や声優を目指すわけでもないし、
歌手を目指すわけでもないから最低限で十分だ。

 

すなわち「相手に言葉がしっかり聞こえる」だけでよい。

 

ただしそのためには「声を響かせる」ことと、
滑舌をよくする」という二つのトレーニングが必要だという。

 

声には母音と子音の二種類があるわけだが、

  • 声を響かせる→母音をしっかり発音する
  • 滑舌をよくする→子音をしっかり発音する

という事だね。

 

そして母音をしっかり発声するには、
腹式呼吸で声を出す練習が必要だという。

 

腹式呼吸とは、軽く腹をへこませながら息を吐く方法で、
声を出すときも軽く腹をへこませながら声を出す。

 

練習方法としては、8秒かけて息を吐きながら声を出す

 

出す声は何でも良いのだが、一例をあげると、
「うー おー あー えー いー んーーー」というのがある。

 

これはマントラ(真言)の一種で、
音によって響かせる場所が異なる。



★口臭の悩みはこれで解決!歯医者さんで続々採用!
IKIREI
★2018年秋・リニューアル!女性から一目置かれるファッションはこれ!
成功を引き寄せるファッションプログラム

腹式発声トレーニング 『うおあえいん』

コミュニケーション力を高めるためには、
ハッキリと相手に伝わる声が必要だ

 

ハッキリと相手に伝わる声とは、
母音と子音がハッキリしている声で、
そのためには日頃から声を磨く必要がある。

 

そして母音をハッキリ出すためには、
母音の発声法の練習が必要だ。

 

発声法というのは歌を歌うために声の出し方で、
演劇部の準備練習みたいなものだと思えばよい。

 

発声法の第一は、腹式呼吸で、腹から声を出す。

 

一番簡単な方法は、軽く腹を8秒かけてへこませて
「うー おー あー えー いー んーーー」と発声する方法。

 

これはヨガやマントラ(真言)などの発声法で、
股間から順に上に意識を上げながら発音する方法だ。

 

  • 「う」は、会陰(えいん:股間にあるツボ)・仙骨に意識をおいて発声
  • 「お」は、ヘソの下あたりに意識をおいて発声
  • 「あ」は、胸の真ん中から声を出すイメージ
  • 「え」は、喉のあたりから声を出すイメージ
  • 「い」は、顔の真ん中から声を出すイメージ
  • 「ん」は、頭のテッペンからハミング

息を吐き終わったら、4〜8秒かけて自然に任せて鼻から息を吸う

 

やり方のバリエーションとしては、各音1秒ずつで合計8秒でも良いし、
それぞれの音を8秒ずつ発声しても良い。

 

また「う」と「お」の中間に「うぉ」という音を入れても良いし、
慣れたら、たまに「んいえあおうーー」と言う風に逆にやっても良い。

 

他にも「ドーレーミーファーソーラーシードー」とやる方法もある。

 

この場合は最初の「ド」が会陰、「ファ」の音が胸の真ん中、
最後の「ド」が頭のテッペンからの発声になる。

 

ただしいきなり発声練習を始めると喉を痛めやすいから、
発声練習する前にリップ・ロールやタング・トリルをやる必要がある

 

リップ・ロールとタング・トリルについては、またあとで解説する。


広告

このエントリーをはてなブックマークに追加