リップロールの目的

発声練習は、リップロールタングトリル
3分ほどやってから始めるとよい。

 

リップロールとは、唇を閉じて、
吐く息でブルブル震わせる練習。

 

タングトリルとは、
舌先を上の前歯の後ろにつけて、
「トルルルルルルルー」と舌を振るわせる。
いわゆる「巻き舌」というヤツだ。

 

リップロールやタングトリルは、
口の回りの筋肉や舌の筋肉、
喉のウォーミングアップになるので、
いきなり大きな声を出して喉を痛める予防になる。

 

ただしリップロールやタングトリルの本当の目的は、
吐く息を均等にするということだ

 

大きな声を出そうとするとき、大きく息を吸って、
それから大きい声を出そうとしてしまう人が多い。

 

しかしこの方法だと最初にいっぺんに吸い、
その反動で大きく息を吐いてしまって、
すぐに息が足りなくなってしまうのだ。

 

そうではなくて、必要最小限の息で声を出し、
息が途切れないように話したり歌ったりするための練習なのだ。

 

唇や舌を振るわせるだけの息の強さがあれば、
声としてはもう十分だと言うことだろう。

 

リップロール練習を行う場合の注意点

  • とにかくリラックスしておこなう
  • 息を吸いすぎない 息を吐きすぎない
  • お腹を押して息を出すようなことはしない。
  • 出来るだけ少ない息で長く続けるようにする
  • 最初は短めのリップロールから練習する。
  • 長くできるようになったら、スケーリング練習(音程練習)を加える。
  • うまくできなかったら、両手の人差し指を唇の横に当ててみる。
  • ホッペタを手で押し上げたり、唇を寄せて前につきだしてみると良い。
  • 舌で唇を舐めてぬらしておくとやりやすい

 

リップロールは、3分くらい練習すると良い。

 

※発声練習は、喉に負担がかからないように1回10分を上限にする。
その中で練習内容の配分を考える。



★口臭の悩みはこれで解決!歯医者さんで続々採用!
IKIREI
★2018年秋・リニューアル!女性から一目置かれるファッションはこれ!
成功を引き寄せるファッションプログラム

タングトリル 高い声を出す準備運動

タングトリルは、いわゆる「巻き舌」で、
「トルルルルルルル」という音で練習する。

 

やり方は、まず「る」という口の形を作る。

 

「る」がわかりにくかったら「う」の口の形を作り、
舌の先を上あごの天井に付ける。

 

上の前歯の付け根から少し後ろのあたりに
舌先を付ければよい。

 

そこから息を出して「とるるるるるー」とやればよい。

 

タングトリルは、舌が短い人には少しやりにくいそうで、
リップロールが出来れば、特に出来なくても構わない。

 

ただ、ハイトーン・ボイス(高音の声)で歌を歌いたい場合、
必須の練習法らしく、いろんなコツがあるらしい。

 

たとえば「とろろ芋」を何度も繰り返し言い続ける。

 

「とろろ芋、とろろ芋、とろろろろろ芋、とろろろろろろろろ…」
…という感じだ。

 

また、顔が下を向いて喉が狭くなっていると発音しにくいので、
星を眺めるように上を向きながら「とるるるる…」とやってもよい。

 

もちろん空を見上げながら「とろろ芋、とろろ芋…」とやっても良い。

 

リップロールとタングトリルは、どちらもウォーミングアップとして使えるし、
均等で長い声を出す練習になる。

 

振動させる部分が異なるので、
出来れば両方やった方が良いという。

 

そしてリップロールやタングトリルに慣れたら、
音程を付けてスケーリング練習をしたり、
曲に併せて声を出して練習する。


広告

このエントリーをはてなブックマークに追加